成人式の定番スタイルに欠かせない思い出

成人式には欠かせないのが振り袖と髪型です。
成人を迎えた人は一体どのような振り袖を着れば良いのか?

どのような髪型にすれば良いのか?迷いがちですが二度と迷うことの無いように順を追って今回は女性目線で紹介いたしましょう。

〔成人ヘアスタイル〕

最も一般的とされています。
それに加えて振り袖もピンク一色となっていますので大勢の人の中で際立って目立つこと間違いないと思います。
更に非常に動きやすくなっているので成人式には適していることでしょう。

〔COOLスタイル〕

振り袖の絵柄は派手になっています。
更にカチューシャも付けることで大人っぽさを演出してくれること間違いなしです。
大人っぽさを演出してくれると同時に妖艶さも醸し出してくれますので会場に参加している男性陣を虜にすることだって出来ます。

〔プリンセスヘア〕

まるでお嬢様にでもなったかのような気分が味わえますので大変人気となっているんですよ。
一段と女性に磨きがかかる事間違いなしです。

〔三つ編み〕

最近密かにブームとなっているのです。
ブームの裏には三つ編みをすることで大人になっているのに女子高生に逆戻りしたかのような雰囲気を味わうことが出来るのです。
三つ編みを見た男性は当時の思い出を思い浮かべること間違いありません。

〔清楚スタイル〕

髪を後ろに束ねて髪飾りでピン止めした姿になります。
着物も派手な柄はなく桃色一色となっているのです。
どちらかというと成人ヘアスタイルに似ているかもしれませんね。
更に艶やかさが増しますので周りに強烈な印象を与えてしまうこと間違いなしです。

前項で述べた5つが成人式スタイルとなっていることでしょうね。
他にも色々とありますが前項の5つこそが定番中の定番になっているかもしれません。

成人式は大人になった証で一生に一度しか経験できませんので一般的より派手な格好でより良い思い出を残してください。

ここでより良い思い出の残し方を紹介しましょう。

会場に出向くと偶然にも学生時代の友達と再開する可能性がありますので羽目を外してカラオケに行ったり大勢で飲み会を開いたりと思いっきり堪能すると良いです。
近くにお祭りの季節が来たかのように屋台が何件かありますので食べ歩きをしながら友達と世間話などをして盛り上がったりしても記憶として残ります。
そして記念に写真を撮影してアルバムに保存することで心の中に思い出を留めておくだけでなくアルバムを見ることでいつでも思い出がよみがえることかと思います。

 

成人式の誕生について

成人式というイベントは一体いつから出来たのでしょうか?
戦争が始まった1900年代前半から存在していたそうです。

当時は今のような華やかさが全くありませんでした。
徴兵制度で全過程を修了して見事戦争に行くことが認められた証として行っていました。

それから戦争が終わると元服という儀式の名を借りて大人になったことを祝して家族総出で赤飯を食べていたかと思います。
赤飯を食べる理由としては沢山食べて厳しい世間にも負けず生き抜いてほしいという願いもあったそうです。

バブル期になると世間はフィーバー状態ですのでお年玉を親戚から貰う事が出来たり誰かに食事を奢ってもらったり良いこと尽くめのイベントへ変貌を遂げたと聞いています。
お年玉をもらうのは正月の3が日と決まっているのですが一生に一度しか来ないという意味で貰う事が出来たんですね。

バブル崩壊期に差し掛かると家庭では外出したりカメラ屋さんに頼んで記念写真を撮ってもらうお金もなかったそうです。
なので自宅で静かにお祝いをしていたことでしょう。

様々な紆余曲折を経て現代の成人式が誕生したのです。
先に述べた事柄が成人式の歴史となっています。

このような歴史が隠されていたとは驚きでしょうね。